「最近の記事」

災害に備えた備蓄の保管場所とかんたんな注文の仕方

2017/10/01                    

No image

大地震や原発事故の傷も癒えず、いまだに避難先で暮らしている人が多い今の日本は、まだまだ緊張感が続いている状態です。しかしそんな辛い状況でもなんとかメンタル面でも家計面でもマトモな生活を維持しようと努力している人たちが沢山居ます。それなのに最近は北朝鮮の核開発が進んで、次は核攻撃による被害さえも懸念されるという状況です。...

家賃と築年数、そして安全性を考えて引越しをしましょう。

2017/05/14                    

No image

地震の発生自体は予防できないからこそ、災害に備えて備蓄品を常に準備しておくことが大切だとこれまで何度も伝えてきました。しかしそれだけではなく、自分が今住んでいる家、またはこれから引越しする先のお家の状態についても注意を払ってほしいと思います。たとえばいくら家賃が安いからといって、築年数が25年以上も前だったりすると、阪神大震災以前の建物なので危険だと判断する人も多いのです。法律上や専門家の意見では90...

不動産すら免れない天変地異には生活必需品という動産が良いかも?

2017/05/09                    

No image

マンションの管理人や一軒家、アパートの大家さんをしている友人いわく、この世で一番恐ろしいのは自分の財産が地震や火事で消えてなくなることだそうです。もちろん視野の広い不動産投資家は地震保険や火災保険への加盟を居住者にお願いしたりしているものですが、なんの根拠があっての自信なのか、うちの不動産は地震があっても壊れないと思い込んでいる大家さんも多いみたいです。...

ビニール袋とダンボールの恩恵

2016/10/18                    

No image

あなたの家に今、なかなか捨てられずに溜め込んでいるスーパーのビニール袋やダンボールはありますか?もしそれらを近いうちにゴミの日にまとめて出そうと考えているなら、今一度踏みとどまってほしいです。なぜかというと、スーパーで無料で貰えるビニール袋は、それが半透明であれ薄いものであれ、災害時にとても役立つからです。...

災害備蓄はご飯より水が基本です

2016/10/14                    

No image

さまざまな災害対策用備蓄商品が販売されていますが、皆さんはどういったものを優先的に購入しているでしょうか?やっぱり地震で家が倒壊したり、道路が断絶した場合に困る食料品の確保を考えてカンパンを買ったりするでしょうか?これはもちろん正しい判断だとは思いますが、食料よりも実は水の方が本当は一番たくさん備えておきたいものだということを覚えておいてください。...